スポンサードリンク

セラミド

セラミド不足が肌の乾燥を呼ぶ

スポンサードリンク

このところ雨が少ないせいか、空気が乾燥していますね。
湿度が低下すると、肌も一層乾燥しやすくなります。保湿をしてもなかなかうるおいが保てないとおなげきの方は、肌のうるおい成分「セラミド」が不足しているのかもしれません。
セラミドとは人の肌表面で外界から肌を守っている、肌バリアともいわれる角質層の重要成分です。このセラミド、肌を乾燥から守る保湿成分として注目されている成分です。

セラミドの働きは“保湿”と“バリア”

セラミドは、角質層にある細胞間脂質の40~65%を占めています。このセラミドは水に溶けないので、肌の水分保持と保護の為、ブロックの役割を果たしています。

では、セラミドは肌に対してどの様な作用をしているのでしょう。

肌の一番外側は“角質層”と呼ばれていますが、この角質層は正常な状態では皮脂で覆われています。皮脂は、角質と共に肌の水分が蒸発しないように防ぎ、肌の潤いを保つ働きをしています。
この働きは、様々な要因により簡単にバランスを崩してしまいます。例えば、過度な空気の乾燥、生活の乱れ、間違ったスキンケア、年齢等です。これらにより皮脂や角質の働きが弱まると肌の水分が蒸発しやすくなってしまい、乾燥肌になりやすくなります。さらに、乾燥しすぎた肌はセラミドが不足してしまうので、セラミドによる肌のバリア機能も弱まり、汚れや最近が進入しやすい状態になってしまいます。
さて、ここまで来ると、肌が外部の刺激に敏感になり、かゆみや違和感を感じるようになる為、つい掻いてしまう事になります。掻きむしってしまうと、さらに肌を傷つけてしまい角肌の水分の蒸発がさらに進み、皮膚がさらに乾燥していまうという悪循環を起こし、乾燥肌や敏感肌、肌荒れが悪化してしまうのです。

セラミドの働き

セラミドの有用性
(1)セラミドが細胞の間をしっかりと埋めています。そのため、肌がうるおい、外部からの刺激にも守られます。 スペース (2)細胞の間に隙間ができ、水分が蒸発しやすくなっています。外部からの刺激も侵入しやすく肌荒れも起こりがちになります。

セラミドで肌を守り抜く

乾燥肌や肌荒れなどの肌トラブルにお悩みの方は、まずセラミドを補うことで理想の肌状態を保つようにすることです。こうする事によりさまざまな外界からの侵入物質から肌を守ってあげることがスキンケアのポイントと言えます。

そのため天然セラミド配合のスキンケア製品、スキンケア化粧品は、とくに肌が乾燥や敏感でお悩みの方に最適な製品です。

スキンケアのポイント

  1. 熱いお湯に入ると、肌のうるおいが逃げやすくなるので、温めのお風呂に入ることをオススメします。大体、40℃以下のお湯に5分程度はいるのが目安と考えて良いでしょう。
  2. 体をナイロンたわしなどでゴシゴシ洗うのは厳禁。肌の乾燥の原因になってしまいます。柔らかいコットンなどのタオルで、やさしく洗うのがコツ。
  3. 湯上がりはどんどん肌の水分が奪われていきます。入浴後10分以内にセラミド配合のスキンケアアイテムを使って保湿するのがポイントになります。

セラミドの働きを補う薬用化粧品








Comments are closed.