スポンサードリンク

エラスチン

エラスチンの役割

スポンサードリンク

コラーゲンやエラスチンは、肌の弾力を保持するための成分ですが、これらが失われると、肌のしわやたるみの原因となります。
肌の弾力維持にコラーゲンが必要ですが、そのコラーゲンをつなぎ止める用に支える役割をしているエラスチンも重要な成分であると言えます。
エラスチンが失われていくと、コラーゲンとのコンビネーションが崩れてしまい、正常な働きが維持できなくなってしまいます。その結果、肌がたるんで、しわができていくのです。エラスチンは、加齢と共に減っていってしまいます。その減少分を補うために、スキンケアや生活習慣、食事などによるエラスチン対策が必要になってきます。
そのためには、エラスチンを多く含んだ食材を摂ったり、スキンケアとして、ビタミンC誘導体の化粧水や抗酸化成分が配合された化粧品を使う、美肌の大敵である紫外線対策もしっかりすることが、肌のしわやたるみをつくらないためにはとても大切です。
紫外線は肌にとても悪い影響を与えますので、紫外線対策を怠らないようにすることが重要になります。また、エラスチン配合のサプリメントは様々なメーカーからあらゆるサプリメントが出ています。CMなどでお馴染みの「うるおい美率」もエラスチン配合の飲料です。手軽にエラスチンを摂取することができますね。これらを生活の中に上手く組み込んで、上手にエラスチンを摂取していきましょう。

エラスチンを減らさないスキンケア

肌に取り入れたい栄養素は、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなどです。
特にコラーゲン合成促進やエラスチンなどに効果のあるビタミンC、中でもビタミンC誘導体が配合された化粧水などを使用するといいでしょう。また、老化は酸化であることも分かっていますから、抗酸化成分が配合された化粧品を使うことも大切です。さらに、ピーリングなどの角質ケアをすることで、細胞分裂が活発になり、真皮のコラーゲンやエラスチンの働きも正常になり、肌の若返り効果が期待できます。






紫外線対策でエラスチンを守る

日差しが強いのはわかっているけれど、ファンデーションをつけずに外出してしまうことはありませんか?短時間だから、ちょっとだけ、がボディーブローのように肌にダメージを与え続けます。くもっていて日差しはなくても紫外線は雲を通過します。外出時間が短くても紫外線対策は怠らないようにしましょう。紫外線にはまっすぐに地表に届く「直射光」と空中で四方八方に広がり、地表に届く「散乱光」があります。この散乱光は日陰にいても防ぐことはできません。しっかり紫外線対策をしましょう。また、外出着にも注意を。長袖といっても網目のあらいセーターのようなものは、網目から紫外線は肌に影響します。綿素材やポリエステルの洋服選びをして、紫外線しっかりカットしましょう。
特に夏場は日差しが非常に強いので、幅の広い帽子を着用したり、日傘を使用するなどして、一層の注意が必要です。

老化防止対策

真皮の約5%を占めるといわれるエラスチン。コラーゲンの線維をところどころでつなぎとめるように支えているエラスチンは、年齢とともに減っていき、しわやたるみを引き起こします。これを引き止めるためには、アンチエイジング、老化防止対策が効果的です。アンチエイジングには、スキンケアはもちろん、生活習慣や食事に気をつけることです。食事としては、エラスチンを多く含む食材を取り入れるのもいいでしょう。手羽先や牛スジ肉、軟骨、煮魚などにエラスチンは多く含まれています。
エラスチンは睡眠中に再生されるので、夕食にとるのがお勧めです。

エラスチン配合のサプリメント

エラスチンを多く含む食材を取り入れるといっても、毎日のように手羽先や牛スジ肉、軟骨、煮魚など食べ続けるわけにもいきませんよね。でも、エラスチンはコンスタントに摂取したい…。
そんなあなたの希望には、エラスチン配合のサプリメントを使用することもカシコイ方法です。
現在では、エラスチンを含むサプリメントは様々な製品が販売されています。


Comments are closed.