スポンサードリンク

ケミカルピーリング

スポンサードリンク

紫外線やストレス、老化などの影響で肌のターンオーバーが崩れると、にきび、くすみ、しみ、小じわなど、様々な肌トラブルが生じます。そのままにしておく訳にはいきませんよね。
誰もが憧れる“滑らかで白い素肌”、今話題の「ケミカルピーリング」を行えば、肌は生まれ変わるとされています。
「ケミカルピーリング」とは、直訳すると化学物質(ケミカル)を使って肌表面の古く汚れた角質を剥がす(ピール)という意味になります。
ケミカルピーリングは古い角質や毛穴汚れを取り除き、肌のターンオーバーを正常に戻していく効果があります。日頃から皆さんが悩んでいる、にきび・くすみ・毛穴開きなど、あらゆる肌トラブルを解決し、アンチエイジング・肌質改善を目指すためのゴールドスタンダードとも言える治療です。

ケミカルピーリングのポイント

一言でケミカルピーリングと言っても、マイルドなものからアグレッシブなものまであり、薬剤の種類やピーリングの強さによって効果や副反応が全く変わってきます。ご自身のお肌に合わせたピーリングで少ない副反応でしっかり効果を出すことがポイントになります。。
ケミカルピーリングに使われる薬剤は、日本人の肌質にあったもの、主にAHA(アルファハイドロキシ酸)といわれるグリコール酸や乳酸、またはBHAの一種であるサリチル酸などが使用され、各人の使用目的に合わせて、浸透させる深さ・回数などを決めていきます。
浸透が浅ければ日常生活に支障は起きませんが、必要な効果を得るためには回数を重ねる必要性がでてきます。逆に皮膚に薄いかさぶたができる程度まで行うと、肌全体にかさぶたが出来ますが、少ない回数でしみやしわが改善されるなどの効果が期待できます。
さらに深く浸透させれば、しわの大幅な改善も期待できます。ただ、あまり強く施術すると、顔全体にかさぶたができるため、人と会う事を避けなければならないなど日常生活に支障をきたすというデメリットがあります。

ケミカルピーリングの効果

お肌にうれしいケミカルピーリングの効果ですが、以下に示すように様々な効果があるようです。

毛穴引き締め作用があります。

毛穴の奥の汚れを溶かしだし、毛穴を引き締めます。

肌のターンオーバーを正常化します

角質のターンオーバーを正常に戻します。

肌のくすみを改善します。

くすみの元である古い角質を取り除く作用があるため、透明感のある肌へと導きます。

スムーズで柔らかな肌へ整えます。

硬くなった古い角質を取り除き、スムーズでなめらかな肌へと導きます。

シミを薄く目立たなくします。

ケミカルピーリングで新陳代謝が活性化されるとメラニン(しみの色素)が速やかに排出されますから、しみやにきび跡といった色素沈着が早く薄くなります。しみにはハイドロキノンの外用を併用するとより効果的です。

肌の水分保持力をアップさせます。

ケミカルピーリングを行う事により、コラーゲンやエラスチンが増加し、お肌の水分保持力がアップします。その結果、「肌にモチモチ感が生まれる」、「化粧のりが良くなる」、「小じわが目立たなくなる」などのうれしい変化が見られます。

皮脂の分泌を抑制してくれます。

オイリー肌やミックス肌の方にはウレシイ効果。皮脂の分泌を抑えてくれます。にきび予防にもなり、肌のテカリを抑えます。

殺菌作用があります。

ケミカルピーリングの優れた殺菌効果で、にきびの原因菌を殺菌します。

ニキビ跡に効果的です。

ケミカルピーリングは特に赤みや茶色っぽい色素沈着のにきび跡に効果的です。にきび跡の凹凸も穏やかに改善してくれます。

肌の老化防止効果(アンチエイジング)があります。

肌の新陳代謝がアップし、お肌のハリがよみがえります。

有効成分が肌の奥まで浸透します。

ケミカルピーリング後の肌は、ビタミンC、プラセンタ、ハイドロキノンといった有効成分が浸透しやすくなっています。ケミカルピーリング後にイオン導入を行うと特に効果的です。

お肌が丈夫になります。

ケミカルピーリングにより角質が整い肌のバリア機能が強化されます。敏感肌の方はごく弱いケミカルピーリングから開始し、様子を見ながら段階的に強くするとトラブルなく治療することができます。

ケミカルピーリングの施術方法

ケミカルピーリングは、最近ではエステティックサロンでも行われているようですが、肌を薬品で削り落とすという医療行為の範疇であると考えると、やはり安全面を考慮し、美容外科など専門の医療機関で行うのが賢明でしょう。
ケミカルピーリングで使用する酸の種類・濃度は、個人個人の肌の状態と酸に対する肌の反応の仕方で変わります。ケミカルピーリングの手術は、十分に肌を診察した上で行われますが、万が一の時にも医療機関であれば適切な処置ができるので安心・安全であるからです。

ケミカルピーリングの診療料金

ケミカルピーリングは医療行為ですが、病気やけがの治療ではないので、医療保険は利用できません。全額自己負担となります。
では、その料金ですが、自由診療なので医療施設により大きな違いがある事が予想されます。
ある医療施設を例に挙げると、

顔(パック付)が、1回15,750円、10回セットで105,000円、これに初診料などが加味されて来ますので、大まかですが、11万円~16万円程度にはなりそうですね。これは一例としてみて頂きたいのですが、いろいろ調べてみると、通常料金からいろいろな、例えばキャンペーン価格とかの理由で半額になっていたりするところもいくつか見受けられるのですが、どうなのでしょう。あまりにも割引が大きかったり、やけに低価格だったりする場合は、あのレーシック手術の医療事故の例もありますので、よくよく注意した方がいいかもしれませんね。やはり、施術前に担当の医師の説明を十分に聞き、疑問点は質問するなど、施術後に「こんなはずじゃなかった…」などという事の無いよう、納得してから行うようにする事が大切です。

スポンサードリンク

Comments are closed.