スポンサードリンク

美肌とはどんな肌?

肌の美しさはどこで決まるの?

スポンサードリンク

美肌、美肌になりたい、あなたは美肌ですね、などとよく言われませんか?

エッ、そんなこと一度も言われたことない…ですか。

美肌、美しい肌とはいったいどんな肌なのでしょう?

  • 赤ちゃんのような弾む肌のこと?
  • シミひとつない真っ白な肌のこと?
  • きめ細やかな陶器のような肌のこと?
  • 健康的な小麦色の肌のこと?

巷には美肌、美しい肌に関する情報があふれかえっていますが、「美肌」のイメージは人それぞれではないでしょうか。一般的であると思われる美肌の条件をまとめてみると、美肌の基本的な条件は大体以下のようになるでしょう。

美しい肌
  1. ハリがある
    シワやたるみがなく、肌に弾力がある状態水分・油分のバランスがよい
  2. みずみずしい
    肌に十分な水分があり、うるおっている状態水分が豊富
  3. すべすべしている
    触れた感触はすべすべ、見た目はつやつやの状態きめが整っている
  4. 肌トラブルがない
    くすみ、しみ、ニキビなどがない状態紫外線対策がゆきとどいている、肌が清潔

あと、補助的なものとして、

  • 毛穴が引き締まっている、
  • 油っぽくない、血色が良い、
  • 透明感がある

あたりがあげられるでしょうか。
ハリがある肌とは、水分と油分とのバランスが保たれているしっとりとした肌のこと、みずみずしいとは、十分に水分を含んだ肌のことで、すべすべしているとは、皮膚の新陳代謝が活発で、きめが細かくなおかつ揃っている状態を指します。

ここから、美肌のキーワードとなるのは「油分」「水分」「新陳代謝」の3つであろうということがわかります。これに、しみ予防としての「紫外線対策」ニキビ予防としての「洗顔」を加えると、
美肌を保つためのスキンケアで一番大切なことは

清潔・保湿・紫外線対策

この3つだといえるでしょう。

スポンサードリンク